お申込みに必要なもの

  • 本籍入り住民票2通(一部コピー可)
  • パスポートサイズ写真4枚
  • 印鑑

講習時にはシャープペン、消しゴム、ボールペン等筆記用具、特殊の方は着替えとシューズとタオルをご持参ください。

取得までの流れ

学科講習

学科講習は2級小型船舶免許は約3時間(特殊小型船舶免許は2時間)で1回、1級小型船舶免許は2回、受けていただきます。
ただし講習時間はご理解頂けるまで延長します。
基本は午前9:00-12:00、夜間18(19):00-21(22):00の時間帯です。
基本の時間帯がご都合と合わない場合には個別にご相談に応じますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

pic
↓
実技講習

実技講習は実技試験に合わせ日程を調整します。
実技講習は平日、週末とも通常9:00-15:00です(人数により変動有。特殊は1時間程度)。
実技講習の内容は、操船以外に、ロープワーク、各種点検など、実技試験に必要な内容が含まれます。

※特殊は学科実技講習同日1日
※地方の方で1日講習希望の方はご相談ください。

pic
↓
学科・実技試験

学科講習後、試験日までの間、講習で使用した教材で試験勉強していただきます。
試験は特殊50分、2級70分、1級140分、1級ステップ70分で指定の場所で受験します。
学科試験は4択。合格基準65%以上。

実技講習後、試験日までの間、講習で使用した教材で試験勉強していただきます。
実技試験は操船以外にロープワーク、点検、方位測定が行われます。
実技試験は約1時間30分(特殊は15分程度)学科試験終了後すぐ。

pic

※東京の土日試験のみ学科実技別日です。
※発表は翌週木曜日(10時)日本海洋レジャー安全振興協会JMRAのオフィシャルホームページ
 合否確認できます。

↓
免許取得

合格発表後、数日で小型船舶操縦士免許証が届き、操船できるようになります。

pic
pic